メダカさんグッズ
目高Tシャツ

メダカの雨水対策について考える

メダカ

 梅雨の真っ只中。つかの間の晴れの日の動画投稿となりました。

洗濯に掃除、買い物と色々とやりたいことはありますね。

事を済ませながら考えることは、メダカのこと。

今回は梅雨なのに風が強く吹き

用意したビニールシートが捲れて、雨水が水槽に浸水する結果となりました。

もう少し対策が必要そうですね。

シートの端に重りを付けてもいいのですが、

すぐに車があることや車道があるので、

吹き飛ぶ前提で設置するならば、

何もつけずに挟み込む方式の方がいいかと思い

動画にしました。

 そもそも、雨水が浸水は、メダカにとって大丈夫なのか??

という疑問すらあります。

子供のころから、「酸性雨は剥げるから傘を差しなさい。」と

親に言われて、あまのじゃくな私は傘を差していませんでした。

メダカは大丈夫なのかと考えると、少しならいいのかと思うけれど…

雨が降る前に容器の半分まで水を減らすくらいに備え、

降水後あふれかえりそうなくらいなら、

PHショックを起こす危険があるかもしれません。

自分で事前にPHショックを起こすかどうか調べるのは

難しいそうで、意外と簡単です。

↓こんなのも便利↓

それは、近所または自宅にある紫陽花の色です。

紫陽花の色はPHによって決まります。

自身がPH調整をしない限り、その紫陽花の色は土と雨によって決まります。

我が家は青の紫陽花。

水しか与えておらず、肥料も与えておりませんので、

土壌が酸性に傾いています。

つまり、雨水を水槽に入れすぎると、

メダカによくないということですね。

我が家のメダカ水槽の設置場所は

ベランダの真下なので、雨水はそれほど入ってきませんが

台風前は避難させるときもあります。

これも、体が言うことを利くうちかなあ…と考えたり考えなかったり。

腰が弱いほうなので、このまま今回動画にしたような感じの

雨水を入れない方法をとっていこうと思う今日この頃なのでした。

[メダカ 水槽]雨上がりの朝に思うこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました